そして今日も馬券を買うのだ

馬と日本酒とゲームが好きな人の日常

『ONE PIECE FILM RED』感想

※ネタバレあり

f:id:ebiebii34:20220807221138j:image

めっちゃすごかった~~~~!
なんかレビューみるとそんな評価高くなくて、
ワクワクはしつつどんなもんだろ~って気持ちだったんだけど、
めっちゃすごかった~~~~!私は大満足です。

 

4割くらいAdoのコンサートみたいな感じだけど、
歌声の迫力満点だし本当にコンサートきてるみたいでしびれた。
なんとなく音がいつもの映画よりも大きく感じて、見終わったあと耳がピリピリした。
歌声に殴られてるような気持ちにもなり、でもエンドロールの時はなんだか切ない気持ちにもなった。歌上手いってすげぇ。
今作、音楽に振り切ってるところ結構好き。

 

あと!!!シャンクス!!!
シャンクスは黄猿よりも強くて嬉しい。黄猿嫌いなので。
「よわ⤴いねぇ⤵」って心のなかで黄猿に言ってました。
限りある戦闘シーンでシャンクスの限りない強さを感じられて、クワァァァとなりました。
覇気やべぇ。

覇気が、やべぇ。

少し話それるけど、ジャンプ読者の一部では今シャンクスラスボス説でてるじゃないですか。
海賊の話だから善悪が曖昧で黒幕という概念が微妙なんだけど、
シャンクスがルフィ利用してるみたいな、なんかそういうのあるじゃないですか。
私はそれめっちゃ嫌なんですよ。
戦うことがあっても裏切られるようなのは嫌なんですよ。
でも映画みて胸を張って「シャンクスがそんなことするわけねぇだろ!!!」って思いました。

疑ってるおまえら、
映画終盤のウタみたいに「ごめんね...赤髪海賊団(シャンクス)を信じきれなかった...」ってその時になったら言えよ!!!

 

まぁそれは置いといて、クライマックスのvsトリトドンみたいな名前の悪魔戦はすごかったですね。

ヤソップウソップが見聞色でつながったところ良きだった。
2人がシンクロしながらみんなに指示だしてるのアチィ。
やっと会えたね😭

カタクリもかっこよかったし、相変わらずローも好き。
ワンピ映画のお祭り感◎
戦闘で何が起きてるかはスピード早くて怒涛の勢いだったのでちょっとよくわからなかったけど、
みんな技名叫んで「ピシャ-ン」「パシューン」「ドゴゴゴゴ」って感じで、とりあえずかっこよかった。

ルフィ最後しれっとギア5になってたね。
あとナミさんかわいすぎね?
グラマラス×2つ結びって破壊力えぐいな。
そりゃブルックもパンツ見たくなるわ。ヨホホホホ

 

あとあとエンドロール!!
私はONE PIECEの原作部分部分しか読んでないから(コビーめっちゃ強くなっててびびった)、知らない方々もいたんだけど、
今まで冒険で関わってきた人たちの今の姿が描かれてて、
ココヤシ村のみんなとか、ゾロにおにぎり作ってあげた女の子とかが元気そうに過ごしててニッコリした。

いろいろなところ冒険してきたなぁと改めて。
あ、強いて言うならあいつが見たかった。シュシュ🐶

エンドロールの歌が一番好きだな。
そういえばサニーくんかわいかったね。

ウタがシャンクスたちに拾われたように、
シャンクスもロジャーたちに拾われてたってのが明らかになって、
「おぉ.....すげぇ....」

 

自分が見終わったあとに映画のレビューを見るのが日課なので今回も見ました。
「ウタがメンヘラ」「ただ迷惑をかけてるだけ」みたいなレビューが多々あって、
でも狂ってないと悪役(ウタは悪役ではない)は生まれないと思うんですよね。

ウタの狂気だって、たとえゴートンがいたとしても、ずっと一人ぼっちだった環境とか、自分が悪魔を呼び寄せてしまったのを知ってしまったこととか、歌を通してたくさんの人に求められたこととか、
色んなもろもろがあって、そんなもろもろをもろったら狂うだろと思う。

来場者特典で配られた40億巻にもウタは悪役ではないって書いてあって大いに納得です。
映画見ながらどうにもならないだろうな感じていたけど、問答無用で救おうとするルフィとシャンクスが切なかった。

 

ONE PIECEって作品通じて善悪がその人の立つ立場によって変わるのが、まじ人生って感じで不思議な感覚になる。
一般的には「悪」とされてる海賊が題材だからならではなのだと思うけど。

何も知らない人からしたウタがやってることなんて「悪」そのものだと思うんだけど、
もろもろ知ってる自分たちにはそう見えないんですよね。
あぁ自分が普段見ているものも感じていることも、物事や人の一部分を見ているだけなんだろうなぁと遠い気持ちになります。

 

とりあえず!大満足でしたよという話です!!!!!
あいつらは誰だ~~~。原作全部読まねば~~~。

 

話は変わりまして少し競馬の話をさせてください。
今日はメインレースタコ負けしましてね(-1900円)
魂の12Rタコ負けしましてね(-4000円)
最後の魂12Rも買いましてね(-4000円)
そこで川田に救ってもらいました(+8000円)。
つまり、魂の12Rをなかったことにできたということです。
信じれるのは、そうKAWADA YUGA。

 

今日は素直に最初買おうと思ってたワイドと枠連を買ってればあたっていたんです。
それがなぜか突然「穴馬当て太郎」が降臨してきてタコ負けしたってワケ。
穴馬当て太郎は1日で引退しました。

「馬券は絞ってぶち当てたい」をモットーに生きていきます。

そんな私の夏休みの自由研究題材が決まりました。

f:id:ebiebii34:20220807221148j:image
上部分です。

 

夏はまだまだこれからよ。

 

ほいじゃ